クリエイティブという仕事はいったい何であるか、これは私たちが、常に考えるテーマです。
人は狩猟生活に不可欠な言葉のコミュニケーションから始まり、農耕社会への移行、そして複雑な社会の形成と国家の成立、文字と貨幣の発明による知識と富の蓄積と継承、産業革命による物質文明の急速な発展、インターネットの普及による情報共有の爆発的な飛躍と、現在に至るまでめざましく発展して参りました。
しかし、人の歴史において常にすべての発展の原動力になってきたものが「人の可能性を期待する心」であると私たちは考えます。私たちの手掛けるクリエイティブの仕事とは人が想像できる一歩先を、まだ見たことのない未来を具体的に形として表すことであると考えます。
May be tomorrow.明日への憧れ、それが私たちの考えるクリエイティブの真の役割であると信じてやみません。
「可能性を信じ、 常に新たな分野に挑戦し続け、 それを企業化していく。」
誰もがまだ見ぬクリエイティブの新天地をめざして、——— これが私たちの取り組むビジネスであると考えます。

株式会社アイガー 代表取締役社長
木田裕士 Hiroshi Kida